作者名
丹羽兼久
作品名
刀剣(太刀)
サイズ
長さ66.4㎝。
全長約100㎝。
元幅約3.28㎝。元重約0.72㎝
先幅約2.26㎝。先重約0.54㎝
反り1.5㎝
状態
刀身、状態は概ね良好です。古いものにつき、多少の小キズなどあり。
拵えは、経年のヨゴレやイタミあり。
備考
銘:濃州住兼久
昭和一九年一二月
軍刀拵え
登録票
種別:たち
目くぎ穴1個
愛知県 登録票番号 64864

刀匠 丹羽兼久とは

丹羽兼久 銘(濃州住兼久)
岐阜県の名門、丹羽一門の刀匠。
陸軍受命刀匠として活躍。陸軍の新作刀日本刀展覧會等で受賞歴あり。
ちなみに、この刀剣が鍛刀さたれ同じのた昭和19年12月21日、陸軍兵器行政本部主催の「陸軍軍刀技術奨励会」 ( 於:軍人会館 ) が開催されが、 丹羽兼久は、鍛錬刀の部で会長賞(39名)を受賞している。

一覧へ戻る