作者名
梶浦逸外
作品名
法光普照
サイズ
本紙 長さ約98.7㎝ 幅約27.7㎝
軸装 長さ約173.5㎝ 幅約31㎝ (軸先含め約36.6㎝)
状態
薄いシミ、若干の折れがございますが、鑑賞には問題ない程度です。
箱、経年のヨゴレなどあり。
備考
本紙、紙本
共箱

梶浦逸外とは(経歴)

梶浦 逸外
かじうら いつがい
1896年~1981年
昭和期に活躍した臨済宗妙心寺派の高僧。
巨人軍の川上哲治監督、千宗室が師事したことでも知られる。
愛知県出身。臨済宗大学(現花園大学)卒。法名は宗実。 臨済学院専門学校校長、1944年に岐阜県正眼寺住職、1969年に妙心寺派管長を歴任した。正眼短期大学を創立。禅の海外普及に努めた。梶浦逸外師の数多くの散文を後任の谷耕月師がまとめた「底なし釣瓶で水を汲む – 逸外老師随聞記」という本も出版されている。

Itsugai Kajiura
1896-1981
A high priest of the Rinzai sect Myoshinji school who was active in the Showa period.
He is also known for studying under the supervision of the giant army, Tetsuharu Kawakami, and Sen Soshitsu.
Born in Aichi prefecture. He is a graduate of Rinzai Sect University (currently Hanazono University). His legal name is Munemi. He was the principal of Rinzai Gakuin Vocational School, the chief priest of Shogenji Temple in Gifu Prefecture in 1944, and the president of the Myoshinji School in 1969. He founded Shogen Junior College. He tried to spread Zen overseas. There is also a book published by Itsugai Kajiura’s successor, Itsugai Kajiura’s successor, Kogetsu Tani, entitled “Pulling Water with a Bottomless Fishing Bottle-Itsugai Roshi’s Note”.

一覧へ戻る